町田の詩

芹が谷のいずみ (町田の詩の音楽会より)

2012年6月03日

『芹が谷のいずみ』

ここの しみず いつの 雨か
誰も 知りは しない
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

雪が 谷戸を 白く つつむ
蟹は 深く ねむる
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の泉

芹が 芽吹き 雪を とかす
蟹の 夢も とける
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

時に あたたかく
時に さわやか
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

青葉 光 受けて かえす
蟹の 爪も きらり
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

木の実 落ち葉 水面 あふる
蟹は しばし いこふ
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

時に あたたかく
時に さわやか
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

ここの しみず いつの 雨か
誰も 知りは しない
みずよ みずよ 汲めど つきぬ
芹が谷の いずみ

コメント投稿

記事一覧

月別アーカイブ