町田の詩

ルート246 (町田の詩の音楽会より)

2012年6月03日

『ルート246』-1

『ルート246』-2

1、

時のながれに
胸のくるしさは
すこしずつ すこしずつ
とけてゆくものか
さっきすべてに
わかれ つげてきた
あなたを さらって
ルート246

今の次第は
戯れだったと
すぐにでも ひきかえし
夢でおわろうか
なぜにアクセル
ふむ足 つよくなる
朝へと にげる
ルート246
三軒茶屋の三叉路は
夢とうつつのわかれ道
あちらをたてれば
こちらがたたぬ
六郷こえても
まだ夢のなか

2、

都そだちの
しろい手でつよく
兀々の 兀々の
おれの手をにぎる
身分ちがいと
世間の風がふく
あなたは さからって
ルート246

今の次第は
戯れだったと
すぐにでもわびるなら
都 かえれるさ
ルームミラーの
覚悟の 寝姿よ

昨日へは もどれない
ルート246
三軒茶屋の三叉路は
都と鄙のわかれ道
すめば都の
水になじめず
馬入をこえても
まだ闇のなか

3、

あえばあうほど
胸のくるしさは
なおさら なおさら
ふかくなるばかり
さっきすべてに
わかれ つげてきた
二人で ちかった
ルート246

今の次第は
戯れじゃないさ
オンボロ車に
あなたねむってる
にぎるハンドル
リキミも 抜けてゆく
昨日へは もどらない
ルート246
三軒茶屋の三叉路は
昨日とあしたのわかれ道
246 135
賽の目 うかべ
狩野川あたりで
あなたをおこそう

コメント投稿

記事一覧

月別アーカイブ